上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近「自分の健康は自分で守れ」ということが各方面から言われています。

このような自覚が暫次広がりつつあることは、非常に喜ばしいことです。

日常の健康管理はたしかに個人の責任ですが、

その前提条件は正しい知識が必要だということです。

たとえば個人差があることを忘れるなということなどが、

大事な正しい知識なのです。

 人間の能力や環境は、個人によって著しく異なります。

誰も彼もみな同じ人間であるかのような見方で健康論をすすめたり、

独りよがりの健康法を他人に押し付けるのはもってのほかです。

 健康と病気は、ひとつの連続した線上にあるといわれます。

最左翼に健康があり、最右翼に病気があるとします。

両者の間には明確な境界はなく、健康から半健康、

半健康から半病気を経て病気になる。

そして、これらは相互に移行し得ると考えられています。

人間は一生の間に、この線上を右へ左へと行きつ戻りつしながら

過ごすということです。

元 気 ⇔ 普 通 ⇔ 弱った

さて、健康の概念についていくつか述べてきましたが少し整理をしましょう。

たとえば健康であるための要因と、健康であることによる

結果とが混同して考えられやすいということです。

 めしうまい、かぜひかぬ、快食、快便といかいうのは、

健康の要因ではなく、健康体であることによる現れだということです。


リンク集

感情のサラダバーが必要です


神様にまいったを言わせよう!


顔はあなたの履歴書


専属運転手を持つ身分!


さあ、面白いことになってきましたよ!


プラスアルファの習慣


人に好まれるパースナリティーを持つこと


パースナル・イニシアティブを身につけよ


積極的心構えを身につけ、維持せよ


感情を鼓舞すること-情熱的であれ!


◆◆超!楽しくて、自由なはずのネットワークビジネス!が◆◆


中高年がネットワークビジネスを成功するためのの王道


中高年を対象としたネットワークビジネス支援サイト


ネットワークビジネス@成功


ネットワークビジネス成功法を中高年の方に語ります!



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://obukonika.blog95.fc2.com/tb.php/90-c48061d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。